モンスト中心、映画やアニメ、DIY…興味あることをその都度発信

482 views

モンスト!!覇者の塔1階~15階をできるだけ高速で進む方法!!

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 iphoneアプリ, モンスト, 覇者の塔

覇者の塔1階~15階

写真 2016-04-08 15 30 02
この記事はモンストの覇者の塔をできるだけ簡単に突破するための情報を記述しています。
間違いやもっとこうしたほうが…という情報などありましたらコメント欄にてご協力お願いします。

覇者の塔インデックスはこちら

スポンサードリンク

ステージ攻略のコツ

全体を通してのポイント

1階から15階は、ガチャ限をある程度持っていれば難易度が低いので、星6キャラで固めてできるだけサクサク突破したい

気をつけるポイント

確実さを求めるなら11階からはギミックも対策したほうがいいが、気にせずゴリゴリ突破することも可能。
主要ギミックのダブルアビリティ持ちのキャラや、友情コンボが強いキャラで編成しよう。

マッチショットの場所やSSの使い所

SSは基本的に溜まる前にステージクリアしてしまえるのと、マッチも気にせずにクリアできそう。

デッキ編成

おすすめデッキ1

arisu a-sa- ゴスト roize
アリス(神化) アーサー(神化) ゴッドストライク(獣神化) ロイゼ(獣神化)

友情が広範囲なキャラ、強力なキャラで固めた編成。それぞれで艦隊を組んでも余裕で突破できそう。

おすすめデッキ2

ガチャ限なしなら電撃が強力な大黒天や、道中の反射制限対策に貫通も連れていく編成。
修正が入ったヴェルダンディがフレンドなら、広範囲で雑魚処理ができる

daikokuten daikokuten tukuyomi aaaaaa
大黒天 大黒天 ツクヨミ ヴェルダンディ

適正キャラ

ガチャ限定モンスター
モンスター 適正ポイント
アリス 貫通ホーミングがあるので適当にアリスに当てていれば勝てる
アーサー ロックオンレーザーでアリス同様当ててれば勝てる
ゴッドストライク 広範囲の友情がポイント。自身は重力バリアに引っかかるので、この場ではアーサーの方が優秀
ロイゼ 副友情がザコ処理に便利
ヴェルダンディ 艦隊を組めば画面が真っ白に見えなくなるほど広範囲にダメージを与えられるので早そう
ドロップモンスター
モンスター 適正ポイント
大黒天 電撃要員
ツクヨミ 落雷要員



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

関連記事

最新!!どれが使いやすい?iphoneで動画録画ができるアプリ5つを比較!!

はじめに 今回は、ゲームのプレイ動画だったり、なにかの説明だったりで使える「iphoneの画面

記事を読む

覇者の塔28階攻略!!阿修羅・ブライト・コルセア・マモンでの編成

はじめに >>覇者の塔攻略インデックス >>>>覇者の塔28

記事を読む

降臨モンスターの運極を作る順番~次に連れていけるクエスト・どの超絶に連れていけるか一覧表~

はじめに このページでは、運極を作った(これから作ろうとしているモンスター)モンスターが次にど

記事を読む

機種変更したときに私が真っ先に入れるアプリ「BatteryMix」

※この記事はライターさんによる外注記事です バッテリーの持ち悪いスマホを使っていたとき

記事を読む

記憶や整理、新たな発想に役立つマインドマップのオススメアプリ

はじめに マインドマップが簡単に使えるiphoneアプリをご紹介します。まず初めにマインドマップと

記事を読む

爆モン!!どんなゲーム?始める前に知っておくとお得かも?早速リセマラ!!

前回の記事 これはハマる!?新作!!爆走!モンスターダッシュがリリース開始

記事を読む

[モンギア] モンギアってどうやって装備を決めればいいの?

はじめに モンギアでは多くの武具がある事は勿論、ヘッドアビリティや属性など、数多くの要素が複雑に絡

記事を読む

2014年版 iPhone買ったらとりあえず入れとけっていうアプリまとめ~vol.1~

始めに たまにはライフハック系の内容をと思い、iPhone歴4年半の私のホーム画面晒しでもして

記事を読む

モンスト!!金卵確定10連ガチャでよく出るあいつその2、勝海舟。

今回もモンスト記事ですが、内容はよく出るあいつその2です。 前回の記事はこちら モンスト!!

記事を読む

[モンギア] モンギアの武器の特徴教えます!!チュートリアルで語られない真実も暴露

はじめに モンギアには5つの武器種類があります。 それぞれに個性があり、使い勝手も全く違うので、

記事を読む




PAGE TOP ↑