55Views
         

【OCR】画像内の文字をテキストデータに変換する「OCR」がオススメ!!

はじめに

今回は、テキストスキャナーのアプリをご紹介します。
画像形式のファイルの中にある文字や文章をテキストデータに変換するアプリです。

使い道としては、テキストでデータが欲しいのに画像化されて送られてきた。
画像に写っている文章をテキストで起こし直すのはとてもじゃないが面倒。
そんな時に役立つこと間違いなしですね。

こういった機能を、OCR(光学文字認識)と呼ぶらしいです。

人気があるとされている文字認識アプリを実際にいくつかダウンロードし、使ってみた結果を書いていきます。

まずは機能名がそのままアプリ名になっている「OCR」というアプリをご紹介します。

OCR


画像、写真から文字を認識するOCRアプリ

評価

使いやすさ精度機能性
★★★★★★★★★★★★☆☆☆

非常にシンプルで見やすいUIになっています。
文字認識の精度も高く、動作も軽くて使いやすいのですが、保存データの送信手段がEmailしかないのが残念。

使い方


「画像を選ぶ」、「カメラ起動」、「履歴」の3メニューを主に使います。
「画像を選ぶ」、もしくは「カメラ起動」から取り込んだ画像をテキスト形式で認識して、結果をtxtファイルに保存することができます。
保存したテキストファイルは「履歴」から確認することができます。
テキストファイルはEmailで送信することが可能です。

実際に使えるかどうか

検証用の画像を用意し、ファイルから読み込むパターン、カメラデバイスから読み込むパターンの2つやってみることにします。
前者は画像内のテキストデータが高精度で読み込むことができるのかどうか、後者は角度のズレやスクリーンの反射があっても正しく読み込むことができるのかどうかといった観点で見ていきます。

画像をファイルから読み込む

検証用の画像はこちら↓

結果↓

完璧ですね。

カメラデバイスから読み込む

検証用の画像はこちら↓

結果↓

こちらも一字一句ミスなく認識できました。

最後に

シンプルなOCRアプリをお探ししている方にはとてもオススメかと思います!

コメント