3,374 views
         

シティダンク(CityDunk)ジエンを徹底評価~入手方法やステータス、育成コスト

iphoneアプリ

はじめに

スマホゲーム、シティダンク(DityDunk)についての記事です。
ある程度やっていくと、なかなか勝てない障壁にぶつかる方も多いのではないでしょうか?

そこで疑問なのが「単純に自分のPS(プレイスキル)が未熟なのか、それともキャラステータスで勝てないのか」といったところ。

「いつもあのキャラに勝てない」「どのくらい差があるのか?」「入手方法は?」といった疑問を解消できればと思って書いてみました。

本記事では現時点最強センターと言われているジエンについて、徹底的に評価していきます。

まずは入手していない方向けに「入手方法」について、その後に入手した方向けに「ステータスや育成コスト等」を紹介していきます。

※目次より該当箇所に飛ぶことができます。

自分でネットで調べると某エ〇プ記事が上位にでてくるだけで、あまり参考にならなかったので…。disるつもりはないですが、この記事がどなたかの役に立ちますように。

センター最強?シティダンク、ジエンの入手方法

まずは入手方法ですが、ジエンは期間限定のBOXガチャでしか入手できません(執筆時点)。

初回登場したのは2019年4月18日11:00~4月24日24:00まで。

もうジエンは手に入らないの?と思いますが、BOX復刻という形で登場したりもします。期間内に入手できなかった方、まだシティダンクを始めていなかったという方で、どうしてもジエンが欲しい方はこの BOX復刻 を待ちましょう。

ジエン BOX復刻ガチャ開催情報

2019/05/22~2019/05/22 最終復刻!!

公式ツイッターより

公式ツイッターによると上記の日程でBOXガチャによるジエン排出は最後だそうです。ただ、同形式でのBOXガチャが最後ということなので、入手するチャンスが0ではなさそうです。予想でしかありませんが、今度の新キャラも控えているのでもしかしたらCDのみで購入できるようになって帰ってくるかもしれません。

ジエンの入手コスト

BOX復刻のタイミングでジエンを入手するにはどのくらいの確率で入手できるのでしょうか
BOXガチャでは100個のアイテムの中からどれかが当たる仕様となっていて、ジエンは1つしか入っていません
つまり確率は1/100。10連だと1/10の確率でジエンを入手することができます。

ガチャ1回に200CDが必要で、10連では2000CD必要です。

CDを購入するために必要な実際の金額は以下

60CD120円
290CD(+ボーナスで計300CD)480円
800CD(+ボーナスで計820CD)1300円
1800CD(+ボーナスで 計1920CD) 3000円
3000CD(+ボーナスで 計3220) 5000円
6000CD(+ボーナスで 計6600CD) 9800円

単発で回すなら、480円課金しても1回しかまわせません。480円分のCDを2回購入(960円)でキリよく3回まわすことができます。
3回で当たる確率はわずか3%ですね。

そして3000円課金しても、10連するには80CD足りないという厳しい仕様です。
5000円課金で16回。分母が100なのでこれも確率にすると16%
5000円を2回(10000円)で32回まわせます。32%
9800円課金で33回まわせるので、33%

そうです、なかなかの課金ゲーというのがわかります。
その分運営が潤ってゲームがもっと楽しくなればみんなハッピーですけどね。
約10000円課金でも1/3の確率でしか当たらないので、早々に入手できた方はラッキーです。

救いなのが、当たったアイテムは重複しないのと、前回の引きが引き継がれる(リセットされない)ので、最悪100回引けば必ず当たるというのと、今回ダメなら大人しく次回まで待つという判断ができること。

さすがに100回目まわすとなると30000円必要ですし、そこまで当たらない人は相当ついてないですけどね。。

早く育てるためには後述する育成コストにもCDが必要になってくるので、6600CD(9800円)で早めに当てて、残りを育成に回すのが理想です。

少しでもジエン入手コストを下げるために

ジエン狙いの方で少しでも入手コストを下げたい場合は、イベント、ギフト等で入手できるBOXガチャ券を他のBOXガチャで使わずに取っておくことです。
BOXガチャ券を使えば無料で1回まわせるので、実質入手確率を1%アップさせることができます。

※キャラ排出のBOXガチャはジエンに限らず上記のような感じになります。今後もいろいろキャラは実装されていくかと思いますし、こういったゲーム自体の特徴として、ユーザー離れを防ぐために強いキャラがどんどんでてくるのが普通です。つまりジエン=最強というのはやがて廃れてしまうので、本当に欲しいかどうかは一度冷静に考えてみたほうがいいかもしれませんね。

ジエンのステータスと育成コスト

ジエンを運よく入手できた方は、次に育成をしなければいけません。当然ですが、キャラレベル1、特訓なし、トレーニングなしではいくらジエンでも他のキャラより劣ってしまいます。

以下からはジエンの「初期ステータス」「特訓によるステータスの変化」「キャラレベルによるステータスの上昇値」「トレーニングによるステータスの強化」等を記載していきます。

ジエンのステータス初期値

育成が前提になるので下記の初期値はあまり参考になりませんが、比較対象としてダイヤで入手できるレスリー 、龍二、課金入手のレイザーの初期値と比較しました。キャラごとに特色があるので、これを見るとどのステータスが突出しているのがわかります

項目ジエンレスリー龍二レイザー
シュート80768592
3ポイント44424144
ダンク119146123126
レイアップ100989390
パス57555655
ドリブル59655554
リバウンド138126128132
ブロックS145124140126
対抗122125114129
ジャンプ879881107
スティール20221824
ラン77707981

センターとして重要なリバウンドに必要なリバウンド値はジエンが一番ですが、 同じくリバウンドに必要なジャンプ、直接は関係しませんがポジション取りに関係する対抗が低いのが残念な点。

ブロックSが突出しているのでブロックのしやすさは間違いなくジエンに軍配が上がります

ダンク値が比較したセンターの中で最も低いので、オフェンスは他の味方に助けてもらう必要があるかと思いますが、成長時の上昇率が高いのである程度育ってくれば気になりません

実際にはキャラステータス+天賦(てんぷ)スキルというのが付き、天賦スキルの上昇率が数値として公開されていないので上記だけで判断できない部分はあります。

体感では、育った龍二でジエンにリバウンドで競り勝つことも時にはできますし、埋められない差があるとしたらブロックくらいかな、といった感じです。

リバウンドでいうとセンターにとって脅威なのは同じセンターのレイザー、センターよりもジャンプ値が高く、実践上センターにも競り勝つのを度々みかけるPF(櫻田やスペード)でしょう。

特訓Sの龍二でレイザーにリバウンドで圧倒された記憶があります。。

ジエンの特訓によるステータスの変化

先ほどの初期値ではなく、特訓によるステータスの変化を記載していきます。これを参考に、どのくらいまで育てればまともに使えるようになるかがわかるかと思います。

キャラレベル1固定での特訓評価によるステータスの違い

項目C-CC+B-BB+A-AA+S上昇値
合計
シュート80849191102102116116116116+32
3ポイント44454545454545454545+1
ダンク119138145145156156170188188188+69
レイアップ100105105109109109109116127141+41
パス57696969808080809494+37
ドリブル596464647380808091105+46
リバウンド138143150150161161161161175175+37
ブロックS145149149156156167167190190190+45
対抗122123127127127134145145145159+37
ジャンプ8792929999110110124124124+37
スティール202020202020202020200
ラン77787882858592103103117+40

特訓で必要なコスト(アイテム・金貨)

評価特訓カ
ード小
特訓カ
ード中
特訓カ
ード大
特訓カ
ード特
金貨
C- → C56750
C → C+
C+ → B-
B- → B
B → B+5867900
B+ → A-601981450
A- → A57158400
A → A+1534226200
A+ → S54339400

特訓はキャラクターの基本ステータスとなり、ステータスが大きく動くので、トレーニングと同じくらいの優先度で上げていきたい部分です。

ステータスを見ると、特訓Aくらいまで育てばランク戦のプラチナ程度までは通用しそうですね。

ジエンのキャラレベルによるステータス上昇値

続いてキャラ自体のレベルによるステータス上昇値です。キャラのレベルの僅かな差は影響ないと言って良い程度しか変化しません。そのため特訓やトレーニングほど優先度は高くありませんが、10レベル単位で違ってくると差は大きいです。
また、スキルを装備できる数がキャラレベルに関わってくるので、どっちしても最終的には上げる必要があります

※以下はレベルが上がったときに上昇する値を記載しています。

Lvシュート3Pダンクレイパスドリリバブロ対抗ジャンステラン
000000000000
2101000000000
3000110010110
4110001101001
5001000000000
6010110010111
7101001101000
8000000000010
9010110011101
10101001100000
11000100000010
12010011111101
13101000000000
14000100010010
15010011101101
16101000000000
17000110010111
18111001101000
19000000000010
20010110010101
21101001101000
22000000000010
23010111011101
24101000100000
25000100010010
26010011101101
27101000000000
28000110010100
29110001100000
30001000000000
31010110010000
32101001100000
33000000000010
34010110010000
35101001100000
36000100000010
37010011100000
38
39
40
41
42
43
44
45

ジエンのトレーニングによるステータスの強化

次に記載するのはトレーニングによるステータスの強化です。

トレーニングでは通常スキン装着時と同等レベルのステータスアップができるので、特訓と一緒に強化していきたい部分になります。

※トレーニングによるステータス強化結果は選手画面に反映されます。

オフェンス

Lvシュート3Pダンクレイアップ必要コスト
000000
1+3+3+3+3練習ボール2
金貨100
2+6 +6 +6 +6 練習ボール 4
金貨 400
3 +10 +10 +10 +10 練習ボール 9
金貨 1500
4 +14 +14 +14 +14 練習ボール
11
金貨 4000
5 +19 +19 +19 +19 練習ボール
15
金貨 9000
特殊パスミス率
1%ダウン
転倒ストップ
率1%ダウン
0.5%の妨害
効果二倍確率
セーフティパス
キャッチ距離+1
練習ボール 17
金貨 18000
6練習ボール 22
金貨 25000
7 練習ボール
金貨

ディフェンス

Lvリバブロ対抗スティ必要コスト
00000練習ボール 0
金貨 0
1+3+3+3+3練習ボール 2
金貨 100
2+6+6+6+6練習ボール 4
金貨 400
3+10+10+10+10練習ボール 9
金貨 1500
4+14+14+14+14練習ボール 11
金貨 4000
5+19+19+19+19練習ボール 15
金貨 9000
特殊0.5%の妨害効果
二倍確率
妨害効果
+0.5%
妨害効果
+0.5%
スティール阻止率
1%アップ
練習ボール 17
金貨 18000
6+24+24+24+24練習ボール 22
金貨 25000
7+30+30+30+30 練習ボール24
金貨 33000
8+36+36+36+36練習ボール31
金貨45000
9+43+43+43+43練習ボール35
金貨66000
特殊 0.5%の妨害効果
二倍確率
練習ボール46
上級ボール4
金貨78000

共通

Lvパスドリブルジャンプラン必要コスト
000000
1+3+3+3+3練習ボール 2
金貨 100
2 +6 +6 +6 +6 練習ボール 4
金貨 400
3 +10 +10 +10 +10 練習ボール 9
金貨 1500
4 +14 +14 +14 +14 練習ボール 11
金貨 4000
5 +19 +19 +19 +19 練習ボール 15
金貨 9000
特殊PVP戦
金貨+8%
ランク戦
経験+8%
PVP戦
経験+8%
ランク戦
金貨+8%
練習ボール 17
金貨 18000
6練習ボール 22
金貨 25000
7 練習ボール
金貨

紹介している通りCity Dunkではキャラを育てるためにやらなきゃいけないことが多くて大変なのですが、このトレーニングに限っては振り直しが効くのが良いです。

他のキャラでトレーニングを積んだとしても。500ダイヤがあれば練習ボール(80%)とゲーム内通貨(100%)のリセットができるのです。

本記事最後でも記載しますが、他のステータス強化はやり直しが効かないので、欲しいキャラがいるときにはメインで使わないキャラにアイテムを消費するのは控えましょう

複数キャラをトレーニングしようとすると練習ボールがいくらあっても足りません。。

総合的な観点でのジエンのステータス

ここまで各ステータスを個々に記載していきましたが、それぞれ組み合わせた結果、ステータスは一体どのくらいになるのか?例としてご紹介します。

例1.育成中盤のステータス

キャラLv.26、特訓A+、トレーニングLvオール5の場合

項目キャラステータストレーニング合計値
シュート125+19144
3ポイント54+19 73
ダンク201+19 220
レイアップ136+19 155
パス103+19 122
ドリブル100+19 119
リバウンド208+19 227
ブロックS199+19 218
対抗154+19 173
ジャンプ147+19 166
スティール29+19 48
ラン112+19131

200超えのステータスがダンク、リバウンド、ブロックSの3つでした。(スティールなどはジエンの場合トレーニング不要ですが、検証の為です)
これにスキンで任意のステータスをアップさせ、さらにスキル装着によるステータス補正も考慮すると、上記3つのステータスに関しては250くらいまではいきそうです。

オススメのステータス強化方法

いろいろと書きましたが、最後に一言でまとめるとすると「育成大変すぎ」です。手に入れたとしても育て上げるには割と気長にやっていくのが良いですね。

ジエンを手に入れてすぐに即戦力として使いたい場合には、他キャラの特訓とキャラレベルを上げるのは控えましょう

記事中盤でも書いたようにトレーニングはリセットできるので他キャラに振ってしまってもまだ良いです。

スキルレベルについてはこの記事で触れませんでしたが、同ポジションのスキルは使いまわせるのでレベルを上げても良くて、他ポジションのスキルレベル上げはアイテムが余ったらで上げる感じのほうが良さそう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
※空白のデータ部分については集まり次第追加します。
※間違いのご指摘・またデータを提供いただけるかたはコメント欄などから教えていただけると幸いです。

コメント