612Views
         

[映画] おすすめ映画「ヒミズ」のあらすじ&見所

はじめに

また映画レビューでいきます。
前回同様、これから観るという方の為にネタバレなしでのレビュー内容で書いていきます。

前回の記事はこちら
[おすすめ映画] 「息もできない」のあらすじ&見所

「ヒミズ」とは

81Fh-qzE73L._AA1496_
今回は2012年公開の邦画ヒミズ。

私達世代ではタイトルみただけでピンとくる人もいるかと思います。

あのギャグ漫画、行け!稲中卓球部の古屋実さんの漫画ヒミズが原作の映画です。

私は稲中大好きでした。
小学生のときに当時中学生だった兄が読んでいて、こいつエロ本読んでると思ってしまったほど当時は純粋でしたが、小学生にはちょっと早くても、中高生が読むととっても面白いんじゃないでしょうか。

話はそれましたが、その稲中卓球部の古屋実さんが、稲中卓球部、僕と一緒、グリーンヒルとギャグ漫画を書き

急に笑いを封印してズドンと重たい内容の漫画を書いたのがこのヒミズです。

原作も面白いですが、それを元にしたこの映画も私はとても好きです。

ヴェネチア国際映画祭にて、ヒミズ出演の二人が最優秀俳優新人賞を取り話題になった作品です。

あらすじ

住田祐一、15歳。
願いは「普通」の大人になること。

茶沢景子、15歳。
夢は、愛する人と守り守られ生きること。

だが、そんな2人に日常は、ある“事件”をきっかけに一変。

衝動的に父親を殺してしまった住田は、唯一の願いである、「普通の人生を全うすること」を諦め、そこからの人生を<オマケ人生>と名付け、世間の害悪となる悪人を殺していこうと決めたのだ。

自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか?

公式サイトより。

感想

主演の染谷翔太と二階堂ふみが名演技で一気に好きになりました。

必死に生きるという力強さが伝わってくる反面、見終わったときの喪失感も半端じゃないです(^^:

中高生時代の稲中ファンという状態のままでこの作品を観ていても、きっと心には何も残らなかったでしょうが、最近はこういう映画すごい好きです。

予告

気になった方は観てみてください。

コメント