152Views
         

[アニメ]シュタインズ・ゲート ゼロ 第16話のまゆりまとめ

はじめに


※この記事はネタバレを含みます。
まだ観ていない方はお帰り下さい。

ネタバレ含まない記事はこちらがオススメです↓↓
[アニメ]STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) ゼロのあらすじ・見所

第16話 無限遠点のアルタイル

今回は、シュタインズ・ゲート ゼロの第16話 無限遠点のアルタイルを振り返った記事です。
まゆしぃこと椎名まゆりの今にも壊れてしまいそうな感情、声優さんの演技力が半端なかったので、まとめです。

一人で歩いているときや、岡部の発言を聞くと寂しそうな顔を見せるまゆり。
回想により映し出されたのは、前作23話(改変版)でまゆりが岡部を庇うことで、栗栖を救うことを諦めたシーン。
栗栖を救い、かつまゆりを死なせない。前作でたどり着いた世界線ではなく、栗栖を死なせてしまい第三次世界大戦が起こるβ世界線だと言うことが再確認できる。

それにより日々辛い表情を見せる岡部に対して、まゆりは責任や疎外感を強く感じる。

おかりんをあのとき止めなければよかったのかな、と心の中で思っていたことを岡部を前に漏らしてしまう。

そう思わせてしまった岡部は必至に弁解するが・・・

まゆりは岡部を彦星に例え、織姫になりたいとずっと願っている。
しかし、岡部の織星は自分ではなく、今は亡き栗栖なんだと悟ってしまい、普段見せない感情が溢れ出す。

夜空に手をかざし、まゆりは岡部に対し、でも自分に言い聞かせるようなニュアンスで言う。

「織姫様はね、ベガって星なんだ。」

「けどね、海外ではこう呼ばれているの。」

「空の、アークライト」

コメント